やはり大迫がいなければ…日韓戦、不安視されたエリアで予想以上の成果。大きな爪痕を残した守田と山根

やはり大迫がいなければ…日韓戦、不安視されたエリアで予想以上の成果。大きな爪痕を残した守田と山根

あわせて読みたい

やはり大迫がいなければ…日韓戦、不安視されたエリアで予想以上の成果。大きな爪痕を残した守田と山根

1

25日の日韓戦(日産)。2017年と2019年のE-1選手権(日本・韓国)で連敗している宿敵・韓国に対し、日本は必勝を期して挑んだ。

「負けられない、絶対に勝たなければいけない試合。こういうのは今の時代にそぐわないかもしれないけど、足が折れてもとか、身体が壊れてもぶつかっていかないといけない」とキャプテン・吉田麻也(サンプドリア)も試合前に闘志を奮い立たせていた。その闘争心と攻守の切り替えと連動性が序盤から出て、日本はシュート数19対6と相手を圧倒。代表デビューの山根視来(川崎)、ドイツで活躍中の鎌田大地(フランクフルト)と遠藤航(シュツットガルト)のゴールで3-0と圧勝。2011年8月の札幌ドームでの一戦の再現を果たした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9a6b85f950b88e0e35a96ac7cbafbfa8234c49f

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

フットカルチョカテゴリの最新記事