日本×アルゼンチン|採点と寸評…南米王者を粉砕!4人が7点台、MOMは中盤起用が大当たりの“主将”を選出

日本×アルゼンチン|採点と寸評…南米王者を粉砕!4人が7点台、MOMは中盤起用が大当たりの“主将”を選出

あわせて読みたい

日本×アルゼンチン|採点と寸評…南米王者を粉砕!4人が7点台、MOMは中盤起用が大当たりの“主将”を選出

9

[3.29 SAISON CARD CUP 2021 U-24日本 3-0 U-24アルゼンチン 北九州]

U-24日本代表がリベンジを果たした。試合後、横内昭展監督は「本当に選手一人ひとりが全力でぶつかってくれて、最後まで諦めないというか、走り続けてこういう結果になったと思います」と選手たちをねぎらった。

26日の敗戦から中2日で再びアルゼンチンに挑んだ日本。しかし、初戦以上に相手の攻撃を封じ続けると、前半45分にはFW林大地が先制点を挙げる。後半23分、28分にはMF板倉滉が2得点を決め、3-0で雪辱を果たした。

横内監督は試合後のフラッシュインタビューで「本当に選手を称えたい」と目を細める。「一戦目負けてから選手自身がもう一回やれるっていうことで、この試合で思い切り出してくれたかなと思います」。敗戦からの学びをしっかりと生かしてみせた。「よかったのは、一戦目を戦って選手それぞれが課題に向き合って、そこをクリアにしてくれたこと」と収穫を語る指揮官。本番を想定して「一戦目は敗戦していますので、初戦は大事に戦っていかないといけない」と課題も挙げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cce750ae01b2a2a4e814dba08cfd4ec1c7d22357

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

フットカルチョカテゴリの最新記事