どこよりも早い採点…モンゴル戦、歴史的一戦で最高に輝いたのは…14発ゴールラッシュで高評価連発

どこよりも早い採点…モンゴル戦、歴史的一戦で最高に輝いたのは…14発ゴールラッシュで高評価連発

あわせて読みたい

どこよりも早い採点…モンゴル戦、歴史的一戦で最高に輝いたのは…14発ゴールラッシュで高評価連発

3

サッカー男子日本代表は30日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選でモンゴルと千葉・フクダ電子アリーナで対戦し、14―0で大勝した。日本代表としては1967年9月のメキシコ五輪アジア予選の15点(フィリピン戦)に次ぐ史上2番目に多い得点で、W杯予選では過去最多。南野(サウサンプトン)の2次予選開幕から5戦連続得点となる先制点や大迫(ブレーメン)の3得点などで圧倒した。国際サッカー連盟ランキング27位で同予選のF組首位の日本は5戦全勝とし、最終予選進出に大きく近づいた。同190位のモンゴルは1勝6敗で最下位。

W杯予選は新型コロナウイルスの影響で延期が続き、日本の予選は2019年11月のキルギス戦以来、約1年4カ月ぶり。本来はモンゴルのホームで行う予定だったが、モンゴル側の厳格な感染対策で同国内での開催が困難となり、モンゴルのホーム試合の扱いながら日本で開き、無観客で実施された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d3b5a83be230f6a87594e202d5c9b61b4040ac18

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

フットカルチョカテゴリの最新記事