【海外の反応】「なぜJリーグより下のクラブに行く必要が..」日本人選手の安易な海外移籍に憤っていたミキッチの発言に海外の日本サッカーファンからも反響!

【海外の反応】「なぜJリーグより下のクラブに行く必要が..」日本人選手の安易な海外移籍に憤っていたミキッチの発言に海外の日本サッカーファンからも反響!

あわせて読みたい

【海外の反応】「なぜJリーグより下のクラブに行く必要が..」日本人選手の安易な海外移籍に憤っていたミキッチの発言に海外の日本サッカーファンからも反響!

日本代表にも名を連ねる浅野拓磨のパルチザン電撃退団に、波紋が広がっています。いわゆる4大リーグ以外の欧州各国に移籍する選手が増えた一方で、2012年にサンフレッチェ広島に所属していたミハイル・ミキッチが現在の状況を予見したかのような“懸念”を語っていました。その記事を再公開します(初公開:2012年4月10日)

「なぜJリーグより下のクラブに行く必要があるのか」

 ミキッチは元クロアチア代表のMFで、ディナモ・ザグレブやドイツのカイザースラウテルンで活躍し、2009年1月に広島に加入した。Jリーグの外国人枠をブラジルと韓国の出身者が大半を占める中、ミキッチは今季で4シーズン目に突入したJ1の最古参ヨーロッパ人選手。第4節のFC東京戦では右サイドをドリブルで突破して鋭いクロスから佐藤寿人の決勝ゴールをアシストしたように、実力的にもJリーグを代表する“助っ人”だ。

 ミキッチは日本の若手たちに、大きな憤りを覚えていた。

Jリーグのレベルは高いのに、なぜ日本の若い選手たちは外国のリーグに行きたがるのか? その理由がまったくわからないんだ。こんなに素晴らしいスタジアムとサポーターの雰囲気があって、さらにパーフェクトな運営がなされている。プレーの質も高い。それなのに、なぜJリーグより下のクラブに行く必要があるんだろう」

 よほど納得できないのだろう。まるで試合中かのようなハイテンションで、ミックスゾーンで両手を広げながらミキッチは話し続けた。

「香川真司のように、ドルトムントみたいなビッグクラブからオファーがあれば移籍するのはわかる。だが、そうではないクラブだったら話は別だ。ヨーロッパで12年間プレーした自分の感覚からしたら、アウクスブルクやベルギーリーグのチームのクオリティーはJリーグより下だ。自分からしたらケルンもそう。ヨーロッパならどこでもいいという感覚が理解できない」

ミキッチはさらに語気を荒らげて言った。

「クロアチアリーグと比べたら、Jリーグのレベルの方がはるかに高い。唯一ディナモ・ザグレブだけはヨーロッパで戦う力があるが、他のチームは運営面や給料の支払いで問題だらけだ。それに対して鹿島は日本のビッグクラブで、ものすごく運営がしっかりしている。鹿島からハイデュク・スプリトを選ぶ理由なんてないはずだ」

 最後にミキッチは、こう締めくくった。

「伊野波は今年2月にJリーグに戻ってきたし、僕のチームメイトだった槙野智章もケルンから浦和に移籍した。彼らはJリーグとヨーロッパのリーグとの間にそんなに大きな差があるわけではないことをわかったと思う。これからの若手には挑戦して初めて気がつくのではなく、最初からそういうことがわかるようになってほしい」

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec3eb1f628649afbe4d410c6101369c2cbabb327
Mikic criticized young Japanese who left J League for inferior clubs in Europe

海外のJリーグファンの反応をまとめました

<ブラジルの記者>
❐2012年、ミキッチはJリーグよりも下の欧州のクラブに移籍した日本の若手選手を批判した。9年の月日が経過して、彼の指摘は今まで以上に説得力が増してきている。鹿島アントラーズや川崎フロンターレのクラブからシントトロイデンやポルティモネンセに移籍する価値はあるだろうか?

<浦和レッズ/フルミネンセサポ>
・このような国でプレーする唯一の利点は試合に出ながら、異なる文化に慣れやすいことだと思う。才能のある日本人選手の多くが欧州最高峰のリーグで、コミュニケーションの問題が原因で良い活躍が出来なかった。

<ドイツ>
・(この発言の)6年後に冨安健洋はシントトロイデンに移籍した、あとはご存知の通り

 <ドイツ>
 ◆一例だけで本当に十分だと思うのか?

   <ドイツ>
   ・ちょっと冗談で言っただけで、”問題”はずっと大きいね

続きを見る(外部サイト)

NO FOOTY NO LIFEカテゴリの最新記事