元名古屋“ピクシー参謀”、浅野退団に言及 「故意に違反した日本人に会ったことない」

元名古屋“ピクシー参謀”、浅野退団に言及 「故意に違反した日本人に会ったことない」

あわせて読みたい

元名古屋“ピクシー参謀”、浅野退団に言及 「故意に違反した日本人に会ったことない」

1

 日本代表FW浅野拓磨がセルビア1部パルチザンとの契約を解除した問題は、現地セルビアで波紋を広げた。退団理由の一つとして浅野は度重なる給与の未払いを挙げていたなか、同国出身でかつて名古屋グランパスでヘッドコーチや監督を務めたボスコ・ジュロヴスキー氏は日本人の特徴、文化の観点から、この一件に触れている。

浅野は自身のSNSなどを通じ、パルチザンとの契約解除を発表。しかし、クラブ側は一方的な契約不履行との見解を示し、公式サイトで「根拠のない退団と契約条項の違反により、すべての法的手段を取り、FIFA(国際サッカー連盟)の管轄機関に対して訴訟を起こす」と訴えるなど、波紋が広がっている。

パルチザンを退団した要因について、浅野は度重なる給与の未払い、それに対するクラブの不誠実な対応を挙げていたなか、セルビアメディア「Direktno.rs」はかつて、名古屋や京都サンガF.C.で監督経験があるジュロヴスキー氏のインタビューを掲載している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9dd73950d86018553e804d8145af0ccee8cb3b4a

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

フットカルチョカテゴリの最新記事